伝わる文章とは?記事作成の前に押さえておきたい3つのポイント

 

記事を書くことが苦手な人、書いてみたけど読んでもらえるか不安な人、まずは記事作成の基本を押さえるところから始めましょう。
コンテンツマーケティングを始める方にとっては、記事をユーザーに読んでもらうことが非常に重要になってきます。
ぜひこのページを読んだあと、学んだポイントを押さえて記事を書き始めてみてください。

 

1.ターゲット・タイトル・タイミング



 

記事作成を始める前に、最初に意識するべきことは3つあります。

  1. ターゲット:記事は誰にむけて書いているか
  2. タイトル:どんな記事タイトルなら読んでもらえるか
  3. タイミング:いつ記事を配信するか

実際にわたしたちが記事を書くときも、下記の例のように3つのポイントを意識します。

【例】

ウェブ担当者で記事の文字数に悩んでいる人という明確なターゲットに向けて
「サイト運用者必見!記事の適切な文字数とは?」というタイトルをつけて訴求
見てもらいやすい時間に配信(業務中に読むことを想定し、たとえば午前中に配信)

3つのポイントを押さえた記事は、何も考えずに書いた記事に比べて、ターゲットに読んでもらえる確率がぐんと上がります。まずはせっかく書いた記事を、ターゲットとする人に読んでもらう工夫から始めてみましょう。

2.記事に適切な文字数は?

 

「ウェブサイトに載せる記事は、どれぐらいの量を書く必要がありますか?」という質問をトレーニングセンターではよくいただきます。

確かに、短すぎては「情報が薄いなあ」という印象をユーザーに与えてしまったり、長すぎると専門性が高すぎて「もっと自分に適切な内容がいいなあ」と感じさせてしまったりします。

記事に適切な文字数は、最低でも1500文字程度といわれています。情報を求めている人には、3000文字程度の記事が理想です。情報を求めている人とは、「○○ 秘訣」「○○ 手法」などといった検索をする人で、やりたいことはイメージできているが、どのように行うのかわからないために検索をしている人たちを指します。

そのような人たちに向けて3000文字の文章を作成する際は、見出しを4つ程度設置してあげると、ユーザーにとっても読みやすい文章になるでしょう。

3.すぐに始められる!表現方法の基本

 



 

読みやすい文章は、ユーザーに「最後まで目を通してみよう!」という気にさせます。読みやすい文章=伝わりやすい文章を書くためには、押さえておきたい表現方法の基本が3つあります。
 

●二重否定を使わない
聞いてすぐに意味が処理(理解)できないような言葉遣いはやめましょう。

●わかりやすい例えを使用
業界の話が全くわからない人も読むことを想定し、見る人が共通して想像できる例えを使いましょう。

●読点
読点を使用して、どの言葉がどこにかかっているか、ぱっと見て分かるようにしましょう。

 

基本を押さえよう

 

ターゲットとする人に読んでもらえる記事を書くためには、まずは基本を押さえることがとても大切です。ターゲットを明確にし、適切な長さ、表現方法で分かりやすい記事を作成してみましょう。それでも「伝わる内容か不安」という方は、是非トレーニングセンターにご相談ください。