【ferret One座談会】3社が語った「これがferret Oneの使い方」4つのポイント :前編

ferret Oneご契約者様にご参加いただき、座談会を開催いたしました。
ferret One歴約2年のベテランさんから、開始2か月弱のビギナーさんまで。
「面倒な記事作成どうしてる?」や「運用体制がなかなか固まらない(涙)」など、お悩みを共有する会となりました。今回は座談会レポートの前編です。

(開催日時:2017年2月)
※記事の内容は2017年2月時点のものです。

 

【参加者プロフィール】
参加者1)コリトレール株式会社 鮎川さん (略:コリトレール

ビートたけしさんの顔面神経麻痺を回復させた腕を持つ、医学博士・劉勇氏が代表を務める、鍼灸院とリラクゼーション施設を運営する会社。

★ferret Oneをどう活用している?
同社のメインビジネスである健康分野で、ferret Oneのアカウントを2つ運営。
1週間に3〜4ページは必ず更新し、現在までに700ページ以上を作成。

サイト名 東京鍼灸 劉勇のドクター・リウ・メソッド
URL:https://www.liu-method.com/
サイト名 医食動楽同源               
URL:https://koritoreru.co.jp/                

 

参加者2)つくるーむ 河野さん (略:つくるーむ
ストレスなくDIYが始められる事をモットーに、部屋の模様替えに特化したノウハウメディアと工具と建材のECサイトを運営する会社。

★ferret Oneをどう活用している?
新規メディアサイトの立ち上げに際してコンテンツを重視し、コンテンツマーケティングに強いferret Oneと契約。まだ開始後1か月のため、これから結果を出していきたい。

サイト名:株式会社つくるーむ コーポレートサイト

URL:http://tsukuroom.co.jp/

サイト名:住まいづくりのDIY動画メディア「つくるーむ」
URL:http://tsukuroom.jp/

 

 

参加者3)スリーシーズ 酒井さん 神谷さん (略:スリーシーズ
営業コンサルティング・及び営業ツール制作・営業研修を行う会社。顧客の組織としての営業力を強化させるコンサルティングやノウハウ提供を行っている。

★ferret Oneをどう活用している?
営業で困っていらっしゃる企業に対してどのようにアプローチしていくか、という課題を解決するためにferret Oneの活用を決定。2016年12月から開始したばかり。リード・ナーチャリング(*1)を行うため、週に1~2本コラム形式の記事を掲載。

(*1)リード・ナーチャリング:見込み顧客を育成し受注に結び付ける方法のこと

サイト名:組織としての営業力強化コラム
URL:http://saleskyouka.jp/

 

座談会主催)ferret One トレーナー 丸山 智大 (略:丸山
都内の有名塾で講師およびWebマーケティング担当を経て、株式会社ベーシックに入社。
現在は、Webマーケティング事業部においてferret Oneの運営支援コンサルタントを担当し、B2BからB2Cまで、多業種におけるWebコンサルティングを経験。最新のコンテンツマーケティング支援においても多数の実績を持ち、関連セミナーでの登壇回数は全国で20回以上。

 

1. ferret One使ってみて、どうですか?

 

丸山 皆さんがferret Oneを選んだ理由は何でしたか?
 

スリーシーズ ferretが仕掛ける「ferret One」というサービスがあると知ったとき、これは使わない手はないだろうと思いました。営業に関してはプロですが、マーケティングや集客は正直難しい。その道のプロがノウハウを提供するサービスがあるのなら活用しない手はない、と思いました。必然だったという感じです。


つくるーむ 過去の記事を見返すと、コンテンツ作りの認識が全然甘いと実感しました。しっかり学ばなければと思い、色々なサービスを調べ始めました。同時に新規事業の立ち上げがありましたので、パフォーマンスを上げるためにもferretの力を借りたいと思い契約を決めました。


コリトレール もともと外部委託でページ作成を頼んでいましたが、スピード感に関してずっとストレスがありました。WordPressとか色々な使ってみたものの、活用するにはちょっと知識が要ります。そもそもネットは本業ではない鍼灸院なので、その点の知識はすごく乏しいんです。

 

ferret Oneを使った感想、教えてください!
 

スリーシーズ 導入してまず驚いたのは、短期間でサイトのビジュアルができたということです。サイトの作成は別の担当にお願いしており、その担当はWord pressで投稿ができる程度のスキルでした。

もともとフォーマット(テンプレート)があり、ドラッグ&ドロップで画像を登録し、そこにテキストを打ち込むだけで形になるので、本当に使いやすいです。短時間で更新や修正ができるという点も重宝しています。あとは、サポート。サイトに関してアドバイスや修正など、細かいところまで見ていただけるので、すごく信頼しています。些細なことで何回も問い合わせをしても、詳細にアドバイスいただけるので、助かります。


つくるーむ ferret Oneでは、コーポレートサイトを作成しました。3日程度でまず大枠はつくれたので、スピード感を持って進められて良かったと思っています。
 
サイトの作り込みに関してのフィードバックがすごく早いと感じています。まだ始めたばかりなので、記事のフィードバックに関しては、これから相談したいと思っています。



コリトレール 使い始めて一番よかったことは、サイト更新にスピード感を持てることです。知識が足りない分はセミナーで補います。幸い東京にいるので、TwitterやGoogleが開催しているWebセミナーに行ったりします。ただ、新しいアイデアをたくさん仕入れても、すぐに反映できるものが手元にないとできないですが、ferret Oneではすぐ反映することができます。

ferret One導入後は、先を見たコンテンツを上げるということを意識しています。例えば、Twitterで話題のキーワードを挙げ、それが瞬間的な話題性のものでも、データを紐解いていくと例えば3カ月、6カ月ぐらい前から上げれそうなそうなものが分かります。
例えば、東京マラソンに関しても、前から意識しておけば、鍼灸院としては『東京マラソンで疲れた人はマッサージやトレーニング』というような記事を数カ月前から上げることができます。なのでどんどんどんどんページが増えていく(笑)。


全員:(笑)



コリトレール 使い勝手に関しては、慣れてきて当たり前になっているというか、特にストレスもなく更新ができます。どこが大変だったのか忘れてしまいました(笑)。

====まとめ①====
ferret One使ってみて、どうですか?
・テンプレートを使ってサイトが短時間でできあがる
・ドラッグ&ドロップで、画像やテキストの設置が簡単にできる
・操作が簡単なので、すぐに慣れる。記事更新に集中できる

 

2. コンテンツ作成って面倒?

 

コンテンツ作成に関して、お悩みや課題はありますか?
 

つくるーむ 少人数で運営しているスタートアップなので、コンテンツを作る人が少ない事が悩みです。手伝ってくれる人もいるのですが、ほぼ私が1人でやってるような状態です。他に開発もあるので、コンテンツ作成のために丸1日明けて一気に作っています。


コリトレール (悩みではありませんが)弊社は鍼灸師たちを治療院という立場からコラムが書けるよう指導しているので、鍼灸師たちが色々なコンテンツを仕上げてきてくれます。それらを体裁を整えして載せるという運用をしています。


丸山 なるほど。鍼灸院の先生って日中は施術をしなければいけないので、どの時間で書いているのか気になりました。お店を閉めた後や開店前など、時間のやりくりが大変じゃないのかなと。
また、そもそも記事を書いたことがなく、なかなかライティングに慣れない方も多分いらっしゃると思いますが、運用に乗せるところは工夫が要るんじゃないかなと思いました。



コリトレール そうですね。集客を考えるよう指導をしています。例えばFacebookに投稿をする場合、その投稿でどう集客したらよいか、と。
最初は、他治療院が書いた記事に対してコメントを書かせて投稿していました。すると鍼灸師は勉強が大好きなので、他治療院の記事について細かく書き始めていくんです。すると、どんどん文字数が増えていきます。

しかし紹介している記事は別の治療院のものなので、これが自分達の治療院の集客に一体どう繋がってるのか、という疑問を持ち始めたのです。
折角、自社のFacebookページで集客してるのに「隣の治療院いいですよ」ってお客を送り込んじゃってる状態。そこですかさず「ここ(自社サイトに載せる記事)をみんなで作ろうよ」って話をしたんです。「投稿で書いているコメントの部分をもう少し長くして、1,000文字~1,200文字ぐらいでまとめてみませんか」というふうに話をして。

運用の流れとしては、先読みして3カ月~6カ月後位に人気が出そうなキーワードを伝えます。例えば10月に花粉症の記事を書いたり。東京マラソン見据えて11月に運動のことを書くとか。

今6人の鍼灸師ライターがいますが、1人月2本アップできています。彼らだけで合計月12本上がってきます。クオリティとか色んなものはとりあえず置いておいて、更新頻度を意識しています。
鍼灸師たちのモチベーション、サイト上で世界デビューしたいという気が満々ですね。


全員:(笑)



スリーシーズ 12月の上旬にferret Oneで作ったサイトを公開しました。CVはまだこれからです。ferret Oneで作ったサイトの告知は、郵送DMに紹介冊子やチラシなどを同封したり、隔週1回メルマガを配信していて、URLを掲載・誘導はしています。サイト自体からの発信は、今後の課題としてあります。
 

コンテンツの作成ポイントを教えてください!
 

つくるーむ 今は動画が主流なので、Youtube動画を引用しています。また、動画だけでは理解しづらい部分を記事コンテンツで補足説明をしています。SNSでよく今流行っている料理の1分間動画がたくさんありますが、これと同じようなコンセプトで、部屋の模様替えに関する短めの動画を自社でも制作しています。
他社でもDIYの1分間動画を制作されているので、PV数の伸びている他社動画の傾向もチェックし、その傾向を踏まえて記事を書いています。引用する際に注意している点は、その動画を見ればユーザーの課題が解決されるか、ということを意識して選んでいることです。



コリトレール 会社全体を巻き込んで盛り上げることができています。(鍼灸師たちのやる気から)記事を渡され1〜2日位すると、彼らから「いつサイトに上がるんですか?」と逆に追い立てられたりします。

彼ら自ら、色々な記事を書いている執筆者のライティングを勉強したり、治療の際、患者さんに知識を話せるというプラスの効果も生まれています。書くことによって調べ始め、更に調べたことをみんなに共有する事で、すごく良い循環になっています。


スリーシーズ コラム記事の更新が週1回程度なので、もう少し頻度を増やすか、もっと記事の質を上げるにはどうしたらいいのかなど、試行錯誤している段階です。
記事は、今までに配信したメルマガをリライトをしたりして載せています。メルマガの記事には情報が古いものもあるので、内容を見直しながら掲載しています。
(メルマガがあるので)基本的にネタ元というか、コンテンツになるような素材はあります。


====まとめ②====
面倒なコンテンツ作りどうしてる?
・競合他社で人気のあるコンテンツ傾向をチェック
・社内を巻き込み複数スタッフでコンテンツ作りをローテーション
・ネタ元は社内にあり!過去メルマガや冊子、DMなどを読み返してみる

 

次回は、誰もが頭を抱える記事作成について、
「どのような運用体制で行っているの!?」
「SEO順位を上げるために何をしているの!?」
などのお悩みを共有した座談会レポート後半をお届けします。