記事がすらすら書ける!ライティングを効率化する「正しいアウトライン作成方法」をご紹介!

「ライティングの仕事を始めたけれど、記事の作成に時間がかかってしまう…。」
「もっと効率的にクオリティの高い文章が書きたい…。」と悩んでいる方へ。
 

今回は、そもそも文章を書く事自体に苦手意識がある方にも効果的な、“アウトライン”の作成方法をご紹介します。

 

1,ライティングにおける“アウトライン”とは…?

文章を書く際に使われる“アウトライン”とは、文章の階層と流れを表す輪郭・概要のことです。
例えるならば、建物を構築するための完成予定図や設計図のようなものと言ったら想像がつきやすいでしょうか。
 

文章の「タイトル」“一番伝えたい事”が完成予定図、文章の「見出し」〜「まとめ」などが設計図だと考えてみてください。

1−1,文章の方向性を明確にするのが“アウトライン”の役割

建物を建てる前にまず完成予定図や設計図が必要なのと同じように、アウトラインの作成はライティングの基本です。アウトラインさえしっかりしていれば、あとは完成に向かって手を進めるのみ!
 

迷った時も、設計図(アウトライン)を見直して正しく修正することができるのです。

1−2,正しい“アウトライン”があれば作業の効率化ができる!

文章を書くときの最大の悩みは、伝えたい情報がうまくまとめきれずに、ぐるぐると迷路状態に陥ってしまい、時間がかかってしまうことではないでしょうか。

 

無駄な時間を省き、効率的に“伝えたい事が伝わる”文章を書けるようにするためには、正しい“アウトライン”の作成が必要です。正しい“アウトライン”があれば、どのような材料(情報)がどれくらい必要かが明確になります。
 

また、ライティング前のリサーチ時間を必要最小限に短縮する事ができますし、どの材料(情報)をどのように組み立てていけば良いかを悩まずにスムーズ作業を進める事が可能になります。

 

2,正しい“アウトライン”作成のコツとは?!

では、正しい“アウトライン”とはどのように作っていけば良いのでしょうか。すぐに実践できる具体的なコツをご紹介します!

2−1,必要な情報と組み立て方をテンプレート化する

どの順序でどんな情報が必要なのか、情報の流れと組み立て方をテンプレート化しておけば、どんな題材でもあとは必要な情報を必要な場所に落とし込むことで、文章が自然に構築されていくようになります。

 

具体的な例として、問題解決型のコラム記事を作成する場合のテンプレートをご紹介します。

 

1.【タイトル】→結果の提示:この記事を読むことで解決できることを明示

2.【リード文】→ 問題提起:読み手が抱えている悩みを指摘

3.【見出し1】→結果の根拠:なぜ、その結果が出るのかの説明

4.【見出し2】→解決策の提示:具体的な解決策・解決例を提示

5.【まとめ】→結論:タイトルと結びつくような全体のまとめ

 

実際この記事のライティングもおおまかに上記のテンプレートの流れを元に構成されているのにお気づきでしょうか?!

 

もちろん、どんな用途でどんな文章に仕上げたいかによって、組み立て方も違ってきますが下記の手順さえ押さえれば難しくはありません。

 

[手順1]何かを提起して〜まとめるまでの間にどんな情報が必要かを書き出す

[手順2]どんな順序でどの情報を綴っていくのがより明確に伝わるか整理する

 

また、タイトルを自分で決める場合は最初に仮タイトルを作っておき、最終的にタイトルと文章の内容がマッチしているかで、タイトルを微調整するとさらにまとまり良く仕上げられます。

2−2,既存の文章の“アウトライン”を参考にしてみる

自分でテンプレートの作成が難しい場合は、既存のネット記事や本などで参考にしたいと思う文章を見つけ、その文章の見出しや構成を書き出してテンプレート化してみましょう。
 

また、参考にする文章は、なるべくオフィシャルに公開されているライティングのプロが書いたものがベストです。
 

そして、参考にしたい文章がどのような“アウトライン”になっているかを抜き出し、そこに自分の書きたいテーマの材料(情報)を同じような流れで落とし込む練習をしていきましょう!だんだんとどんなアウトラインを作れば伝えたいことが読み手に明確に伝わるかがわかるようになってくるはずです。

【まとめ】“アウトライン”がしっかりしていればライティングが格段に楽に!

ここまで、効率よくライティングを進めるための“アウトライン”の作成方法についてご紹介してきました。

 

文章を書く事が苦手な方にとっては、アウトラインの作成自体も難しく感じるかもしれません。ただ、最終的に何を一番伝えたいか、どんな結論に導きたいかを明確にし、読み手の興味・関心を惹きつけられるようなアウトラインを作ることができれば、8割仕事を終えたと言っても過言ではないでしょう。格段に効率よく安定したクオリティのライティングができるはずです。

 

今までアウトラインを作成せずに文章を書いていた方は、是非ご参考にしてみてください。